<震災8年>まち再生 祈り深く

東京の知人から毎年届く花束を、防災対策庁舎(中央)を望む献花台に手向け、静かに手を合わせる男性。「8年が経っても忘れずにいてくれる。ありがたい」。=2019年3月11日午前10時ごろ、南三陸町志津川
82/90

関連写真特集タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る