<震災8年>まち再生 祈り深く

滋賀県の私立高校の生徒が震災遺構の旧仙台市荒浜小を訪れた。生徒の一人は「来てみて初めて、津波の恐ろしさが分かった。帰ってから家族や地元の人に伝えたい」=2019年3月11日午前10時20分ごろ、仙台市若林区
85/90

関連写真特集タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る