処理水問題で枝野氏「風評被害の検証必要」 相馬で地元漁協と意見交換

相馬双葉漁協の代表者と意見交換する枝野代表(奥左)

 東京電力福島第1原発に放射性物質トリチウムを含む処理水がたまり続けている問題で、立憲民主党の枝野幸男代表は15日、相馬市で相馬双葉漁協(同市)の幹部らと意見交換した。
 漁協側は処理水の海洋放出に反対する姿勢を改めて強調し「国から全く説明がない」「風評被害が検証されておらず、対策も示されていない」と述べた。
 枝野代表は「何度でも漁業者と話し合わなければならない。風評被害の検証も必要」と応じた。会合後の取材に「現時点で海洋放出とは決められない。貯蔵タンクの増設も可能ではないか」と語った。
 意見交換に先立ち、立谷寛治組合長は「海洋放出は国内漁業の将来に壊滅的な影響を与えかねない」として、政府に慎重な判断を働き掛けるよう求める要請書を枝野代表に手渡した。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

第68回春季東北地区高校野球
宮城大会 組み合わせ表

先頭に戻る