仙台・光のページェント協力金 特典は中央緑道の特別入場

光り輝く定禅寺通の中央緑道

 仙台市青葉区の定禅寺通で18日に開幕する冬の風物詩「SENDAI光のページェント」の実行委員会は11日、新型コロナウイルス感染拡大防止対策のための協力金の募集を始めた。応募者には特典として、立ち入り規制する中央緑道(グリーンベルト)への特別入場枠を贈呈する。

 特別入場枠は開催期間中の土日祝日の9日間に、1日100組分を設定した。午後6~9時に30分間隔で入場者を入れ替える方式。準備時間を除くと、1組当たり20分間は滞在できる。

 応募金額で入場可能な人数は変動する。2500円を支払えば1人、4800円は2人、6500円は3人、8000円は4人が入場可能。別途、小学生以下を同伴することもできる。

 実行委は35回目の今年、新型コロナ感染につながる3密状態を避けるため「サンタパレード」などの恒例行事を中止し、中央緑道への立ち入りも規制する。協力金の収入は全額を感染対策の費用に充てる。

 応募はローソンチケット、チケットぴあ、イープラスのほか、コンビニエンスストアの店頭端末で受け付ける。募集枠ごとに上限に達し次第、受け付けを終了する。連絡先は実行委022(261)6515。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る