いよいよ冬 除雪車初出動 仙台の山間部で積雪

泉ケ岳山麓の県道で作業する除雪車=14日午前4時5分ごろ、仙台市泉区福岡

 宮城県内は14日、冬型の気圧配置が強まった影響で西部を中心に雪が降った。仙台市でも山間部で積雪を記録し、今季初めて除雪車が出動した。

 市によると、泉ケ岳山麓の泉区福岡で積雪が10センチに達する見込みになったため、除雪車1台が同日午前4時ごろ、同地区の泉区除雪ステーションを出発。スプリングバレー泉高原スキー場までの約6キロの県道で作業した。太白区秋保町でも除雪車が出動した。

 仙台管区気象台によると、最低気温は栗原市駒ノ湯で氷点下4・2度、大崎市鹿島台と川渡で同1・8度、白石で同1・3度など。多くの地点で平年よりもやや冷え込みが強まった。仙台は1・7度だった。午前11時現在の積雪は駒ノ湯で25センチ、川渡で20センチを記録した。

 気象台は13日、仙台で初雪を観測したと発表した。平年より19日、昨年より22日遅かった。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る