宮城県内の概算被害額は100億円超に 震度6強地震

宮城県庁舎

 最大震度6強を記録した13日深夜の地震で、宮城県は22日、県内の被害状況を発表した。けが人は64人。住宅被害は白石市で半壊10戸が判明するなど計484戸に膨らんだ。半壊判定は県内初。概算被害額は100億円を超え、さらに拡大する見通し。
 県は同日、災害対策本部を廃止し、危機管理監を本部長とする警戒本部に移行した。最大で県内21市町に設置された災害対策本部が19日に全て廃止されたのを受けた。
 22日午後1時現在のまとめによると、負傷者は19日比1人増の64人(重傷6人、軽傷58人)。東松島市で軽傷者が1人増えた。仙台市の30人が最多。
 住宅被害は19日比189戸増。内訳は半壊10戸、一部破損474戸。新たに白石(61戸)、東松島(40戸)、富谷(35戸)、名取(32戸)、松島(2戸)の5市町で被害が確認された。最多は山元町の172戸。
 県内の概算被害額は108億8400万円。19日より約23億3700万円増えた。道路や港湾などの公共土木施設は55億2900万円、漁港施設の被害は9市町53カ所で28億6299万円に上る。
 県企業局が運営する水道事業の被害は4億3030万円。農業関係は6億8923万円だった。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る