南浜・門脇地区、模型で再現 石巻専大生ら制作 8日から展示

南浜・門脇地区の再現模型と制作した高橋准教授(右)と木村さん

 石巻専修大は、東日本大震災の津波で甚大な被害を受けた石巻市南浜・門脇地区を模型で再現した。模型は8日に同市門脇町4丁目にオープンする震災伝承交流施設「MEET門脇」に展示され、震災前の街並みや震災当時の避難行動の伝承に活用される。

 理工学部の高橋智准教授(39)と大学院生の木村光平さん(24)が、3Dプリンターで制作した。大きさは東西2メートル、南北1・75メートル。両地区を750分の1の縮尺で再現する。建物の造形も一軒一軒精密に再現、区画や道路など約200個のパーツから構成する。

 プラスチック製で、表面には白色の塗料を塗った。展示では東北大が制作に協力したプロジェクションマッピング映像と併用する。壁面に設置して当時の街並みや避難行動を模型に投影することで立体的により分かりやすく震災の記憶を伝える。

 高橋准教授は「当時の町並みや避難の教訓が風化している。これからの防災のために、地区の記憶を模型と映像で伝えてほしい」と思いを託す。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
石巻かほく メディア猫の目

「石巻かほく」は三陸河北新報社が石巻地方で発行する日刊紙です。古くから私たちの暮らしに寄り添ってきた猫のように愛らしく、高すぎず低すぎない目線を大切にします。

三陸河北新報社の会社概要や広告、休刊日などについては、こちらのサイトをご覧ください

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る