石巻市長選 医師の長氏が正式に出馬表明

 任期満了に伴う宮城県石巻市長選で、元市包括ケアセンター所長で医師の長(ちょう)純一氏(54)が18日、立候補を正式表明した。無所属で出馬し、政党への推薦も求めない方針。

 市役所で開いた記者会見で「東日本大震災後、石巻で約9年間地域包括ケアに取り組んだ。命を生かし命が輝く石巻を目指す」と述べた。臨床医と行政職の経験から「独自の新型コロナウイルス対策と市立病院の改革を実現したい」と語った。

 長氏は東京都出身。信州大医学部卒。震災後の2012年5月、市内最大規模の仮設住宅団地に設置された市立病院開成仮診療所長に就任。兼任していた市包括ケアセンター所長と市立雄勝診療所長を2月末で退職した。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る