ベガルタ、2点差追いつきドロー

横浜FC―仙台 試合終了間際、仙台・吉野(中央)が左CKからのこぼれ球を押し込み、2-2の同点とする。GK南(山本武志撮影)

 J1第10節第2日(17日・ニッパツ三ツ沢球技場ほか=5試合)仙台は横浜FCと2-2で引き分け、勝ち点3とした。
 仙台が0-2の終盤から追い付き、引き分けた。前半17分にセットプレーから横浜FCに先制を許し、後半23分にも追加点を奪われた。追う仙台は攻勢を強め、37分に左CKを西村が頭で合わせて1点差とし、試合終了間際、左CKのこぼれ球を吉野が押し込んだ。

(1)ニッパツ
横浜FC 2 1-0 2 仙台
       1-2
▽得点経過
 前17分 1-0 袴田(2)
 後23分 2-0 斎藤(1)
 後37分 2-1 西村(1)
 後46分 2-2 吉野(1)
▽観衆 2,997人

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る