福島の五輪会場近くに子グマ

球場周辺を自転車に乗って警備する福島県警の警察官=20日午後0時20分ごろ、福島市の県営あづま球場(藤井かをり撮影)

 20日午前7時50分ごろ、福島市上名倉のあづま総合公園内で、巡回中の警備員が体長約1メートルの子グマ1頭を目撃し、福島署に通報した。南西約1キロには21日から東京五輪の野球・ソフトボール競技が行われる福島県営あづま球場がある。けが人や施設への被害は確認されていない。
 福島署員がパトロールしたほか、管理を担う県都市公園・緑化協会の職員が、人の存在を知らせるために爆竹を鳴らすなどして巡回した。20日は休園日だった。21日も警戒を続けるという。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る