東京五輪 宮城スタジアムへ特別警戒派遣 石巻地区消防本部

出発式に臨む石巻消防本部警戒派遣隊のメンバー

 石巻地区消防本部は21日、利府町の宮城スタジアムで同日開幕した2020東京五輪サッカー競技に、石巻消防本部警戒派遣隊を出動させた。

 派遣隊には管内の各署から消防職員が参加。救助隊1隊5人、消防隊1隊5人、救急隊2隊6人の計16人で構成する。31日までの競技期間中、1日当たり16人、6日間で延べ96人が会場周辺で消防や救急の応援に当たる。

 出発式が21日に同本部であり、浜野淳消防長など8人が出席。石巻消防署の佐藤仁徳(ひろのり)特別救助隊長が、力強く出発を宣言した。

 浜野消防長は「天候や新型コロナウイルスへの対策を万全に、地域住民や各国の選手、大会関係者の安心と安全を守ってほしい」と激励した。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
石巻かほく メディア猫の目

「石巻かほく」は三陸河北新報社が石巻地方で発行する日刊紙です。古くから私たちの暮らしに寄り添ってきた猫のように愛らしく、高すぎず低すぎない目線を大切にします。

三陸河北新報社の会社概要や広告、休刊日などについては、こちらのサイトをご覧ください
先頭に戻る