新型コロナ 石巻の男女6人感染 始業式延期や保育所臨時休所

 県は24日、石巻市の60代男性(職業非公表)ら6人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。20代4人のうち、3人の感染経路が不明。いずれも重症ではない。

 60代男性は県内陽性者の検査対象者で入院中。20代会社員男性3人の感染経路が分かっていない。ともに県内陽性者の濃厚接触者で10歳未満の女児は同居家族、20代男子学生は知人。いずれも23日に陽性が判明した。

 既に15人の陽性が確認されている石巻市の医療機関で24日、新たに1人の陽性者が判明し計16人の感染者となったことから、県は同日、県内166例目のクラスター(感染者集団)が発生したと断定した。

 石巻市の感染者は累計で569人となった。

<石巻中で始業式延期>

 石巻市教委と石巻市は23日、石巻中の生徒1人と市ふたば保育所の施設滞在者が新型コロナウイルスに感染したと、それぞれ発表した。

 石巻中は26日を臨時休業とし、同日予定していた始業式を27日に延期。ふたば保育所は24、25の両日を休所とした。いずれも施設などの消毒作業を実施する。

 PCR検査の結果などにより、それぞれ臨時休業、休所措置が延長となる場合がある。

<石巻市、今年も敬老会中止>

 石巻市は新型コロナウイルス感染拡大を受け、本年度の敬老会を中止することに決めた。

 前年度に続き2年連続。高齢者はワクチン接種が進んでいるが、感染力の強い変異株が県内でも流行しており、健康リスクが高いと判断した。

 敬老会は77歳以上の市民の長寿を祝うため毎年9月、旧市町や離島ごとに開いている。本年度の対象者数は4月末現在、前年より690人多い2万2627人。

 全対象者に9月、斎藤正美市長のメッセージを添えて記念品を郵送する。今年で88歳の市民に贈る1万円の敬老祝い金は、例年通り民生委員らを通じて手渡す。

 2019年度は石巻地区の石巻専修大や河北地区の市河北総合センター、河南地区の市遊楽館などで実施し、計1782人が参加した。式典に出席せず、記念品のみ受け取った人を含む参加率は13・3%だった。

<ボンバールいしのまき、8月は中止>

 新型コロナウイルスのまん延防止等重点措置が県内に適用されたことを受け、一般社団法人石巻観光協会は、28、29の両日に石巻市内で予定していたイベント「ボンバールいしのまき2021」を中止すると発表した。

 同イベントは9月と11月にも開催予定。販売済みの8月分前売りチケットは、次回に振り替えて利用できる。払い戻しにも応じる。連絡先は石巻観光協会0225(93)6448。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
石巻かほく メディア猫の目

「石巻かほく」は三陸河北新報社が石巻地方で発行する日刊紙です。古くから私たちの暮らしに寄り添ってきた猫のように愛らしく、高すぎず低すぎない目線を大切にします。

三陸河北新報社の会社概要や広告、休刊日などについては、こちらのサイトをご覧ください

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る