RAF 音楽で盛り上げ、ミスチル桜井さんら演奏 石巻

桜井さん(右)や小林さんが出演した音楽イベント(c)Reborn-Art Festival

 音楽プロデューサーの小林武史さんとミスターチルドレンの桜井和寿さんらによる音楽イベント「ワン・バイ・ワン・プラス~10年目のフレームより~」が29日、石巻市開成の市複合文化施設(マルホンまきあーとテラス)であった。

 石巻市の牡鹿半島と市街地などを舞台にした現代アートと音楽、食の総合祭「リボーンアート・フェスティバル(RAF)2021-22」夏会期の一環。

 27日に発令された新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の再適用で、来場者を約600人に制限。オンラインで約7000人が視聴した。

 小林さんと桜井さんは2人を中心としたバンド「Bank Band」の「forgive」やミスターチルドレンの「花の匂い」など15曲を演奏。「Bank Band」のメンバーで、歌手のSalyuさん、チェリストの四家卯大さん、バイオリニストの沖祥子さんも会場を盛り上げた。

 RAF実行委員長の小林さんは「東日本大震災直後に(復興支援の)ボランティア拠点を石巻専修大に置かせていただいたことから始まり、RAFも通していろんな縁ができた。震災から10年がたった石巻で最高のライブを届けることができた」と話した。

 今回のライブは動画配信サービスU-NEXT(ユーネクスト)で9月1日まで視聴できる。

LIVE「ワン・バイ・ワン・プラス」 | Reborn-Art Festival 2021-22

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
石巻かほく メディア猫の目

「石巻かほく」は三陸河北新報社が石巻地方で発行する日刊紙です。古くから私たちの暮らしに寄り添ってきた猫のように愛らしく、高すぎず低すぎない目線を大切にします。

三陸河北新報社の会社概要や広告、休刊日などについては、こちらのサイトをご覧ください

企画特集

先頭に戻る