コロナ対策の一助に 明治安田生命保険、石巻市に35万円寄付

斎藤市長に蒲地所長(右)ら石巻営業所のスタッフが目録を届けた

 明治安田生命保険は1日、新型コロナウイルス感染症対策に役立ててもらおうと、石巻市に35万4000円を寄付した。

 仙台支社石巻営業所(石巻市穀町)の蒲地靖喜(かまちやすよし)所長(56)や同社のマスコットキャラクター「うさりん」らが市役所を訪れ、斎藤正美市長に目録を手渡した。斎藤市長は「皆さんの思いを有効に使わせていただく」と感謝した。

 寄付は、2020年から地域貢献を目的に行っている「私の地元応援募金」の一環。従業員が出身地などゆかりのある自治体や医療機関へ募金し、会社拠出金を上乗せして贈る。本年度は全国1018団体へ約5億円、県内では石巻市を含め18団体に約830万円を寄付する。

 石巻市への贈呈は3回目。蒲地所長は「新型コロナで飲食店なども元気がなくなっている。早く収束して少しでも石巻全体が元気になってくれればいい」と話した。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
石巻かほく メディア猫の目

「石巻かほく」は三陸河北新報社が石巻地方で発行する日刊紙です。古くから私たちの暮らしに寄り添ってきた猫のように愛らしく、高すぎず低すぎない目線を大切にします。

三陸河北新報社の会社概要や広告、休刊日などについては、こちらのサイトをご覧ください

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る