【更新】猪苗代湖ボート事故 業過致死傷容疑で男逮捕、容疑を否認

事故後、猪苗代湖のマリーナで船舶を調べる捜査員ら=昨年9月6日午後、会津若松市

 福島県会津若松市の猪苗代湖で昨年9月、航行中のボートが小学生ら4人を巻き込み、3人が死傷した事故で、福島県警捜査1課は14日、業務上過失致死傷の疑いで、東京都中央区、会社役員の男(44)を逮捕した。
 捜査1課によると、容疑者は現場付近でボートを操縦していたことは認めているが、容疑については「身に覚えがない」と否認している。
 逮捕容疑は昨年9月6日午前11時ごろ、猪苗代湖で大型プレジャーボートを操縦し、湖面に浮かんでいた千葉県野田市の小学3年豊田瑛大(えいた)君=当時(8)=をひいて死亡させ、瑛大君の母親ら2人の脚に大けがを負わせた疑い。
 瑛大君の兄も近くにいたが、けがはなかった。瑛大君ら4人は水上バイクにつないだ浮具に乗るためライフジャケットを着用して湖面に浮かび、順番待ちをしていた。
 捜査1課によると、容疑者はレジャーで猪苗代湖を訪れ、自身が管理するボートに複数の人を乗せて航行していたという。当時、現場付近の湖面では複数の船舶が走っており、県警などは船舶の調査や目撃者への聞き取りなどの捜査を進め、容疑者のボートが事故を起こしたと判断した。さらに詳しい状況を調べる。
 瑛大君の両親は14日、弁護士を通じて「このまま容疑者が特定されないかもしれないと不安な日々を送ってきた。安堵(あんど)しているが、瑛大を失った悲しみは癒えない」とのコメントを公表した。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

秋季高校野球宮城大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る