ベガルタ、きょうアウェー清水戦

練習で上原(右)とボールを奪い合う石原

 J1仙台は18日、静岡市のIAIスタジアム日本平でリーグ戦第29節のアウェー清水戦に臨む。午後7時開始。J1残留を争う相手との直接対決を制し、差を縮めたい。15日は仙台市の紫山サッカー場で練習し、16、17日は非公開で調整した。

 仙台は4勝10分け14敗の勝ち点22で18位。前節のG大阪戦は3-2で12試合ぶりに勝利した。2-2の後半34分、カウンターからFW西村がドリブルで駆け上がり、ゴールを奪った。

 清水は5勝11分け12敗の勝ち点26で16位。前節の鳥栖戦は1-2で競り負けた。1-1の後半29分、鳥栖のDFエドゥアルドにFKを決められた。

 J1での通算対戦成績は仙台の9勝5分け11敗。ホームで対戦した今季の1巡目は2-3で敗れた。仙台の手倉森監督は「カウンターを警戒する必要がある。特にFWチアゴサンタナの動きには気を付けないといけない」と話した。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る