市街地で冠水相次ぐ 道路の一部通行止め 石巻

水しぶきを上げて走る車=18日午後3時15分ごろ、石巻市元倉1丁目(画像の一部を加工しています)

 日本海に発生した低気圧の影響で18日、石巻地方も強い雨に見舞われた。石巻市内では午後に入ると、中里、駅前北通り、住吉町、清水町など市街地の複数箇所で冠水が相次いだ。通行止めも発生するなど、交通に影響が出た。

 中里バイパス元倉交差点付近も冠水。車両は水しぶきを上げながら走行していた。東中里1丁目と駅前北通り1丁目境の一部区間など通行止めも複数箇所あり、回り道をする車両が多く見られた。

 市住吉小近くの住吉町周辺では多くの住民がホースや水はきを使って排水に追われていた。住吉小の駐車場で待機していた男性は「自宅は近くだが、冠水で戻れない。ここにいったん車を置き、歩いて帰る」と話した。

 住民からは住吉排水ポンプ場の不具合を懸念する声もあった。市下水道管理課は「ポンプの一部が一時停止した。午後2時45分には正常に戻った。詳しい原因を調べている」と話した。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
石巻かほく メディア猫の目

「石巻かほく」は三陸河北新報社が石巻地方で発行する日刊紙です。古くから私たちの暮らしに寄り添ってきた猫のように愛らしく、高すぎず低すぎない目線を大切にします。

三陸河北新報社の会社概要や広告、休刊日などについては、こちらのサイトをご覧ください

企画特集

先頭に戻る