職人技が光る秋の釜飯 出来たてのおいしさ堪能<榴岡 銀杏>

「はらこ」

 名物は季節ごとに旬の素材を混ぜ込む釜飯。注文を受けてから卓上で炊き上げるため、出来たてのおいしさを堪能できる。11月下旬までは「はらこ」(1300円)が登場する。宮城県産つや姫のご飯に、ふんわり軟らかなサケの切り身、シメジ、エノキ、油揚げといった具材がたっぷり。昆布とサケのあらで取っただしを利かせ、上品な味わいに仕上げた。丁寧に下処理したイクラの醬油漬けなど、随所に職人技が光る。

仙台市宮城野区榴岡1-7-15 サニービル1階
営/17:00~24:00(日曜、祝日は23:00まで)
休/年末年始
TEL 022-766-8553

榴岡 銀杏(いちょう)

(河北ウイークリーせんだい 2021年10月7日号掲載)

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る