しょくば拝見>公益社団法人 MORIUMIUS(石巻市雄勝町桑浜)

旧桑浜小の校舎を改修した施設で、地域の人や自然の魅力を伝えるスタッフ

<生活体験通し魅力発信>

 石巻市雄勝町にある旧桑浜小の木造校舎を改修した複合体験施設「MORIUMIUS(モリウミアス)」などを運営する。小中学生や企業研修の社会人などを対象に、宿泊しながら農林漁業や地域での生活を体験できる多彩なプログラムを展開。人や自然との関わりを通して、多様性や地域性、持続可能性を学ぶ機会を提供している。

 東日本大震災後、雄勝地区を中心に支援活動に取り組んできた立花貴さん=仙台市出身=が代表理事を務める。施設には21~34歳のスタッフ5人が常勤。「食べる」「泊まる」「学ぶ」の3チームに分かれ、各業務を担う。地元漁師の水揚げや養殖作業に参加したり、運動会やお茶っこ、芋煮会などの行事を開催したりして、地域に密着した活動にも注力している。

 宿泊する子供たちと触れ合う「学ぶチーム」のリーダー安田健司さん(33)は「自然が相手なので大変なことも多いが、体験を通して、子供たちにたくましく生きる力を育んでもらいたい」と語る。

 新型コロナウイルス禍の中にあった昨年、オンラインを活用した新サービスを開始。特産品を家庭に配送し、パソコンの画面越しに一緒に調理が楽しめる体験プログラムで地域の魅力を発信し続けている。

 安田さんは「自然とのつながりや地域のコミュニティー、伝統文化など、この土地でしか味わえない豊かさを利用者に感じてもらえるように心掛けています」と話した。

 ■団体概要
 2011年5月に設立。スタッフは20~50代の10人で、現在も募集中。複合体験施設は15年7月にオープン。大人向け協働宿泊施設「MORIUMIUS・annex(アネックス)」や海辺の地域活動の拠点「渚(なぎさ)の交番」も併設する。石巻市雄勝町桑浜字桑浜60。0225(25)6506。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
石巻かほく メディア猫の目

「石巻かほく」は三陸河北新報社が石巻地方で発行する日刊紙です。古くから私たちの暮らしに寄り添ってきた猫のように愛らしく、高すぎず低すぎない目線を大切にします。

三陸河北新報社の会社概要や広告、休刊日などについては、こちらのサイトをご覧ください

企画特集

先頭に戻る