【特集】ピザ収穫祭 vol.2 ダ ジェンナーロ

Pizza“Fumo”

 キノコやナス、シャインマスカットやサンマ…。街のピザ店では秋の食材を使ったピザが競うように登場している。そんなバラエティー豊かなピザのほんの一部をご紹介。出来たて熱々を店で味わうもよし、持ち帰り家族で楽しむもよし。さあ秋の恵みを堪能しよう。

ほろ苦ちょっぴりスモーキー

 Pizza“Fumo”(ピッツァ フーモ・2310円、テークアウトは2410円)は、秋から冬にかけて旬を迎える西洋野菜「トレビス」の鮮やかな赤紫色が目を引く秋の定番ピザ。

 Fumoはイタリア語で「煙」を意味し、その名の通り薫製にしたプローヴォラというチーズが使われ、ミルキーな味わいとほんのりスモーキーな香りが後を引く。これにモッツァレラとグラナパダーノを加えた3種のチーズ、うま味の濃厚なミラノ産サラミをプラスし、トレビスのほろ苦さが全体を引き締める。白ワインやイタリア産ビールがよく合う大人のピザだ。提供は11月中旬まで。

 店では薪窯で焼き上げる直径30㎝の香ばしいナポリピザをはじめ、南イタリアの料理とワインが楽しめる。テークアウトは受け取りの20分前までに電話注文するとスムーズ。

da Gennaro
(ダ ジェンナーロ)
仙台市青葉区国分町3-4-26
営/11:30~14:30、18:00~21:30
休/月曜(祝日の場合は営業、翌火曜休み)、第3火曜
問/TEL022-281-8271

da Gennaro

(河北ウイークリーせんだい 2021年10月14日号掲載)

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る