石巻専修大ゼミ、石巻・女川観光コース作成 カーシェア協と連携

発表会で、考案した観光コースの紹介をする学生=5日、石巻専修大

 石巻専修大経営学部の庄子真岐教授のゼミは、一般社団法人日本カーシェアリング協会(石巻市駅前北通り1丁目)と連携し、石巻市と女川町を巡る観光コースを作成した。協会は観光案内機能付きカーナビシステムに、この情報を追加インストールしたタブレット端末をレンタカー利用者らに貸し出している。

 作成したコース名称は「庄子ゼミナール石巻専修大観光コース」。食事や買い物などを楽しむ「石巻・女川道の駅巡り旅」(約70キロ)と、アートと食、音楽の総合祭「リボーンアート・フェスティバル(RAF)」の作品鑑賞が中心の「RAF巡り-石巻の海を添えて-」(約85キロ)で、各6時間の道のり。

 観光まちづくりを学ぶ同ゼミに協会から依頼があり、昨年12月から4年生を主体に取り組んだ。観光関係者を取材したり、観光スポットを実際に巡ったりして情報を集めた。音声案内で紹介するグルメ情報などの原稿も作成し、移動中も楽しめる内容にした。

 ゼミ長の阿部美奈さん(4年)は「地元の人にも利用してもらい、改めて地元の魅力を知ってほしい」。協会の石渡賢大事業部長(31)は「ふと見える景色の素晴らしさなど、学生ならではのコース。季節ごとに内容を変えるなどして楽しませたい」と話した。

 タブレットの貸し出しは、レンタカー(軽車両6時間で2100円)と同時利用で1日当たり1000円、単独だと2000円。連絡先は同協会0225(22)1453。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
石巻かほく メディア猫の目

「石巻かほく」は三陸河北新報社が石巻地方で発行する日刊紙です。古くから私たちの暮らしに寄り添ってきた猫のように愛らしく、高すぎず低すぎない目線を大切にします。

三陸河北新報社の会社概要や広告、休刊日などについては、こちらのサイトをご覧ください

企画特集

先頭に戻る