知事選・期日前 初日振るわず 23日以降、同時投票待つ人も 石巻地方

初日、数十人にとどまった期日前投票所=石巻市役所

 知事選(31日投開票)の期日前投票が15日、石巻地方でも始まった。同じ投開票日となる衆院選(19日公示)、石巻・牡鹿選挙区の県議補選(22日告示)が控えることもあり、初日に投票所を訪れた有権者は少なかった。

 東松島市では知事選、衆院選の二つの期日前投票が可能になる20日以降、石巻市と女川町は3選挙が可能になる23日を待つ有権者が多いと見られる。

 選挙期日決定が遅れたため石巻市では投票所の入場券発送が25日からになる。市選管は入場券がなくても投票できることに加え、3選挙同時に投票ができるのは23日以降になることの周知徹底を図る。

 投票ができるのは、石巻市が市役所本庁舎と6総合支所、蛇田、渡波両公民館、稲井、荻浜両支所の計11カ所。東松島市は市役所本庁舎と鳴瀬総合支所、女川町は町役場。いずれも投票日前日の30日まで。午前8時半~午後8時。稲井、荻浜両支所は午後5時まで。

 石巻市は25日に石巻専修大、28~30日にはイオンモール石巻、29日は田代島開発総合センター、網地島長渡地区振興会館、同網地地区自治会館にも開設。女川町は26日に出島、江島両集会所に設ける。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
石巻かほく メディア猫の目

「石巻かほく」は三陸河北新報社が石巻地方で発行する日刊紙です。古くから私たちの暮らしに寄り添ってきた猫のように愛らしく、高すぎず低すぎない目線を大切にします。

三陸河北新報社の会社概要や広告、休刊日などについては、こちらのサイトをご覧ください

企画特集

先頭に戻る