衆院選 期日前投票始まる 入場券なくても可 石巻地方

石巻市役所の期日前投票所で一票を投じる有権者

 衆院選(31日投開票)の期日前投票が20日、石巻地方でも始まった。14日告示された知事選の期日前投票も兼ねる。新型コロナウイルス対策を含む経済政策、東日本大震災からの復興、少子高齢化、エネルギー問題など、地域が抱える課題は多く、訪れた有権者が一票を投じている。

 石巻市役所本庁舎5階市民サロンなどには、早速、有権者が訪れた。石巻市中里4丁目の無職中山亨さん(77)は「原発は自国に対する核兵器。脱原発に取り組む政党と候補者に投票した」と話した。

 石巻市では投票所の入場券発送は25日から。蛇田支所では入場券が届かないことで職員に苦情を寄せる市民の姿もあった。市選管は入場券がなくても投票できることや、県議選石巻・牡鹿選挙区の補欠選挙(22日告示、31日投開票)の期日前投票も同時にできるのは23日以降になることの周知徹底を図る。

 期日前投票は30日まで。石巻市が市役所本庁舎と6総合支所など計11カ所で、28日からはイオンモール石巻でも実施。25日は石巻専修大学学生食堂、29日には離島の3カ所に設ける。東松島市は市役所本庁舎と鳴瀬総合支所、女川町は町役場と26日には出島集会所と江島集会所に設ける。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
石巻かほく メディア猫の目

「石巻かほく」は三陸河北新報社が石巻地方で発行する日刊紙です。古くから私たちの暮らしに寄り添ってきた猫のように愛らしく、高すぎず低すぎない目線を大切にします。

三陸河北新報社の会社概要や広告、休刊日などについては、こちらのサイトをご覧ください

企画特集

先頭に戻る