釣り場情報>アオイソメ餌にアナゴ

■石巻・牡鹿

 河北地区の新北上川河口では、セイゴ、ハゼ、マコガレイ、アナゴ。アナゴはアオイソメで釣れ出してきた。石巻大橋から河口では、スズキ、イシモチ、ハゼに加え、ナマズとギバチも。石巻漁港周辺は、サバが中心で、サビキ釣りで1人10~30匹。手のひらサイズのマコガレイも。牡鹿半島方面では、メバル、ボイジョ、ソイ、タコ。アイナメは30センチ前後。マコガレイも釣れてきた。船釣りの情報はない。

【石巻市・田代釣具店0225(22)3242】


■女川

 女川湾内の岸釣りは、15~20センチのサバが1人20~30匹。まき餌をして、サビキ釣りが良い。針は8号ぐらい。それぞれ10センチのグレやタナゴも揚がっている。夕方からは10センチのアジ、20センチのメバルも。餌はアオイソメ。他にシャコエビ、サヨリを釣った人もいる。サバを釣って、泳がせ釣りで40センチのマコガレイを揚げたケースもある。船釣りは、低気圧のため、情報は少ないが、タチウオを揚げていた船もある。

【女川町・佐々木釣具店090(6686)7811】

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
石巻かほく メディア猫の目

「石巻かほく」は三陸河北新報社が石巻地方で発行する日刊紙です。古くから私たちの暮らしに寄り添ってきた猫のように愛らしく、高すぎず低すぎない目線を大切にします。

三陸河北新報社の会社概要や広告、休刊日などについては、こちらのサイトをご覧ください

企画特集

先頭に戻る