FAQ

いとうせいこう「東北モノローグ」 被災地聞き歩き 第2章(1)

 作家のいとうせいこうさんが東日本大震災の関係者を訪ね、聞き書きをつづる「東北モノローグ」。第2章は、火葬場として唯一津波の被害に見舞われた名取市斎場で当時、斎場長を務めていた針生俊二さん(73)の物語です。

 ここに写真パネルにしてあるんですけど、こっちが閖上の町全体の俯瞰(ふかん)。今私たちがいる…

残り 2027文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る