石巻圏・新百景>テイラー文庫(石巻市渡波)

図書室に設置された本棚を整理する図書委員の児童たち。本棚には海外の絵本などが並ぶ
図書室にはテイラー文庫の紹介文が掲示されている。万石浦小の読み聞かせボランティアのグループが、テイラーさんについて知ってもらおうと作った

 海外の絵本が並んだ木製の本棚が、図書室を訪れる児童を迎える。石巻市万石浦小では、図書委員の子どもたちが定期的に本を整頓し、大切に使っている。

 本棚や一部の図書は、市内で外国語指導助手(ALT)を務め、東日本大震災の津波で犠牲になった米国出身のテイラー・アンダーソンさん=当時(24)=の父アンディさんらから贈られた。

 アンディさんらはNPO法人「テイラー・アンダーソン記念基金」を設立。これまで石巻地方の小中学校など24カ所に「テイラー文庫」として本棚などを贈る活動を続ける。本棚は東松島市に木工工房を構える遠藤伸一さんが各校に合わせて制作する。

 日本を愛し、アメリカと日本の架け橋になるという夢を抱いていたテイラーさん。テイラーさんの遺志と、被災地に寄り添う基金の思いが子どもたちの成長を見守る。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
石巻かほく メディア猫の目

「石巻かほく」は三陸河北新報社が石巻地方で発行する日刊紙です。古くから私たちの暮らしに寄り添ってきた猫のように愛らしく、高すぎず低すぎない目線を大切にします。

三陸河北新報社の会社概要や広告、休刊日などについては、こちらのサイトをご覧ください

企画特集

先頭に戻る