「希望の花火」新年祝う 市民有志、祈念公園で打ち上げ 元日・石巻

花火イベント開催に込めた思いなどを語る黒沢実行委員長(左)ら

 石巻市の石巻南浜津波復興祈念公園で31日、新年の幕開けに合わせて約710発の花火を打ち上げる「いしのまき希望の花火2022」が開催される。市民有志でつくる実行委員会が主催する。

 来年1月1日午前0時に祝砲でスタートし、4号玉やスターマインなどを約20分間打ち上げる。東日本大震災の被災地への思いや新型コロナウイルス感染拡大で奮闘する医療従事者らへの感謝を込める。市内での年越し花火のイベントは震災後初めて。

 打ち上げる場所は公園西側の四丁目北広場。みやぎ東日本大震災津波伝承館や「がんばろう!石巻」看板前、公園東側の築山周辺などを観覧エリアとして開放する。打ち上げ場所近くや池が広がる公園南側などは立ち入りを禁止する。

 園内の門脇、聖人堀駐車場と周辺の市南浜マリーナ、網地島ラインの駐車場を31日午後10時半から開放する。約450台分あるが、実行委は徒歩や乗り合わせでの来場を呼び掛ける。

 当日はラジオ石巻が中継するほか、動画投稿サイト「ユーチューブ」でも配信する。悪天候の場合は1月9日に延期する。

 11月30日に市役所で記者会見した実行委員長を務める市民団体「がんばろう!石巻の会」の黒沢健一事務局長は「震災から10年たった今、コロナでまた大変な思いをしている。皆で前を向くため、希望を届けたい」と話した。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
石巻かほく メディア猫の目

「石巻かほく」は三陸河北新報社が石巻地方で発行する日刊紙です。古くから私たちの暮らしに寄り添ってきた猫のように愛らしく、高すぎず低すぎない目線を大切にします。

三陸河北新報社の会社概要や広告、休刊日などについては、こちらのサイトをご覧ください

企画特集

先頭に戻る