石巻西RC、市民憲章碑を寄贈 創立40周年記念 複合文化施設敷地内に設置

市複合文化施設の敷地内に建てられた市民憲章碑

 石巻西ロータリークラブ(RC)は11月28日、創立40周年記念事業として石巻市の市民憲章碑を市に寄贈した。碑が設置された同市開成の市複合文化施設(マルホンまきあーとテラス)敷地内で贈呈式があり、関係者が完成を祝った。

 碑は御影石製で高さ1.1メートル、幅2.2メートル。製作費は約150万円で、記念事業に向けて積み立てた基金を活用した。憲章文は同市の書家千葉蒼玄さんが揮毫(きごう)した。

 贈呈式には会員17人を含む関係者約20人が出席。日野雅晴会長(65)らが除幕し、碑をお披露目した。

 斎藤正美市長は日野会長に感謝状を手渡し、「厚意に感謝する。碑が未来永劫(えいごう)、憲章を市民に届けてくれると思う」と語った。

 日野会長は「憲章には市民の望みや願いが込められている。東日本大震災も経験したので、未来への希望が込められた憲章を市内外の人が集まる場所に建てたかった」と話した。

 石巻西RCは1981年11月28日に創立された。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
石巻かほく メディア猫の目

「石巻かほく」は三陸河北新報社が石巻地方で発行する日刊紙です。古くから私たちの暮らしに寄り添ってきた猫のように愛らしく、高すぎず低すぎない目線を大切にします。

三陸河北新報社の会社概要や広告、休刊日などについては、こちらのサイトをご覧ください

企画特集

先頭に戻る