釣り場情報>田代島周辺でナメタも

■石巻・牡鹿

 河北地区の新北上川河口はアナゴ、カワガレイ、アイナメ、マコガレイ。アイナメは日増しに岸に寄って来て、大型も期待できる。開北橋から河口では、五目釣りでセッパ、セイゴ、ハゼ。石巻漁港周辺は、サバが中心。石巻漁港から牡鹿半島にかけてアイナメ、ソイ、メバル、ハゼが大型化。マダコも依然として食いは良い。船釣りは田代島周辺でマコガレイに加え、ナメタガレイも入ってきた。

【石巻市・田代釣具店0225(22)3242】


■女川

 女川湾内の岸釣りは、25~40センチのアイナメが10匹、アオイソメか、ワーム釣り。ワーム釣りで30センチのクロソイを1匹揚げた人もいる。30センチのマコガレイが1~3匹。18センチ大のイワシは1人100匹。脂が乗っている。まき餌をしてのサビキ釣りが良い。湾内の船釣りは、1隻当たり30~45センチのアイナメが4匹、30~50センチのマコガレイが7匹、夜釣りは、70~80センチのアナゴが15匹。餌はアオイソメ、ホタルイカ。

【女川町・佐々木釣具店090(6686)7811】

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
石巻かほく メディア猫の目

「石巻かほく」は三陸河北新報社が石巻地方で発行する日刊紙です。古くから私たちの暮らしに寄り添ってきた猫のように愛らしく、高すぎず低すぎない目線を大切にします。

三陸河北新報社の会社概要や広告、休刊日などについては、こちらのサイトをご覧ください

企画特集

先頭に戻る