夜は無人スーパーに変身<ウィンマート小松島店>

特集/非接触のポテンシャル

夜間は端末画面に顔を映すとゲートが開き入店できるシステム
売り場を把握しやすいのも小さなスーパーならではの魅力
手作りの総菜や弁当を求めて通勤途中や会社帰りに立ち寄る客も多い

 24時間営業の食品スーパーが顔認証システムを導入し、登録者のみが入店できる夜間の無人営業を始めて約1年半。近隣に住む学生や高齢者を中心に利用客が増えている。登録は従業員のいる時間帯に端末画面で顔を撮影するだけ。登録料はもちろん名前や住所、電話番号といった個人情報も不要だ。

 100㎡ほどのコンパクトな店内には生鮮食品や菓子、カップ麺などがずらり。リピーターが多いという手作りの総菜や弁当も並ぶ。チラシは一切配布しないため、お買い得品は来店してからのお楽しみ。会計はセルフレジを使い、クレジットカードや電子マネー(一部不可)で決済する。

仙台市青葉区小松島3-3-2 TEL022-346-7415
営/24時間(無人は19:00~翌8:00)
休/2022年1月1日(祝) 駐車場/有り

(河北ウイークリーせんだい 2021年12月16日号掲載)

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る