美里町長選 相沢氏が無投票3選

相沢清一氏

 任期満了に伴う宮城県の美里町長選は18日告示され、無所属で現職の相沢清一氏(69)が無投票で3選を果たした。相沢氏は2014年の初当選から3回連続の無投票当選。

 相沢氏は雪が吹き付ける中、町内を選挙カーで巡った。午後5時に届け出が締め切られると、美里町素山町の事務所で支持者約40人に頭を下げた。

 相沢氏はあいさつで、「雪に描いた絵のように素晴らしい町の方向性を示す。無投票だからといって町民の全幅の信頼を得たとは思っておらず、常に対話し町政運営を進めたい」と述べた。

 相沢氏は昨年11月に記者会見を開き、立候補を表明した。町内3中学校の統合や、町産業活性化拠点施設構想の推進を公約に掲げた。

 任期は2月5日から4年。17日現在の有権者は2万599人。

[相沢清一(あいざわ・せいいち)氏]1952年8月13日、宮城県美里町生まれ。宮農短大卒。旧小牛田町議と美里町議をそれぞれ2期務め、議長から転じて14年に初当選。18年に再選された。69歳。

3連続の不戦勝、町の知名度向上が課題

【解説】美里町長選は相沢清一氏(69)が3選を果たした。手堅い町政運営で、町内の産業団体や議会との関係は良好。町を二分する争点もなく、約1000人とされる後援会を固め、初当選から3回連続の不戦勝となった。

 2期目後半は新型コロナウイルス禍に見舞われたが、長年の懸念だった中学校統合にめどを付けた。新校は2025年4月に開校する。その先に見据えるのは町産業活性化拠点施設の整備構想だ。

 「美里には何もない」と言われる町の知名度向上を目指す相沢氏。「美里ブランド」の農産物をPRし、町に人を呼び込む施設の必要性を力説するが、町のセールスポイントを見極めなければ、道の駅などの近隣施設に埋没しかねない。

 町は東北電力女川原発(女川町、石巻市)30キロ圏に含まれる。再稼働に反対したが、県と立地2市町の「地元同意」は止められなかった。避難計画の実効性を高めるための発信を続けるというが、これも存在感を発揮する工夫が必要だろう。

 人口減少をはじめ町の課題は山積している。「白紙委任」の裏側にある民意をくみ取り、町の将来像を具体化する責任は重い。
(小牛田支局・横山浩之)

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る