石巻・小中学校書きぞめ展、始まる 毛・硬筆の秀作401点

児童生徒の力作が並ぶ書きぞめ展覧会

 「石巻地区小・中学校児童生徒書きぞめ展覧会」(石巻教育研究会国語研究会書写研究部主催)が22日、石巻市複合文化施設(マルホンまきあーとテラス)で始まった。新型コロナウイルス感染症対策のため、入場を作品が展示されている児童生徒とその保護者、教育関係者に制限して開催している。23日まで。

 石巻地方2市1町の小中学生による毛筆と硬筆作品のうち、特選に選ばれた401点を展示。「自然」「月光」といった文字や和歌の現代語訳など、学年ごとの課題を丁寧に書き上げた作品が並んでいる。

 毛筆で特選に選ばれた石巻市鹿妻小4年の岡柊輝(しゅうき)君(10)は「目指していた賞をもらえてうれしい。来年も頑張りたい」と話した。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
石巻かほく メディア猫の目

「石巻かほく」は三陸河北新報社が石巻地方で発行する日刊紙です。古くから私たちの暮らしに寄り添ってきた猫のように愛らしく、高すぎず低すぎない目線を大切にします。

三陸河北新報社の会社概要や広告、休刊日などについては、こちらのサイトをご覧ください
先頭に戻る