中東の情緒あふれるバー ETHNIC BAR HusH【特集】壱弐参横丁でちょい旅気分

 コロナ禍で飲み会にも旅行にも気軽に行けないけれど、たまには非日常を楽しみたいもの。多種多様な飲食店が立ち並ぶ壱弐参横丁(青葉区一番町)で、他県や海外の料理を味わえる店を訪ねた。仙台にいながら旅の気分に浸れるかな!?

キーマカレーが人気 イラン料理が登場する日も

撮影でやむを得ず店内を明るくしたが、普段は会計伝票の文字が読めないほど暗い。「こんなに明るいとHusHらしくないな」と、たけるさんが笑う

 ペルシャじゅうたんやイランの小物が飾られた薄暗い店内にお香の匂いが漂う。5席あるカウンターの前には、ウイスキーを中心に90種類ほどの酒が並ぶ。

 店主のシャムスタッシュたけるさんは、イラン人と日本人のハーフ。2013年に念願のショットバーを開き、試行錯誤の末、異国情緒あふれる雰囲気をつくり上げた。バイクが趣味で、最近は宮城県内外からバイク好きが集まる。

 フードは1種類のみで、月曜から木曜まではキーマカレーを、週末はインドカレーや中東料理を用意する。キーマカレーは「一部のお客さんにカレー屋だと思われている」ほど評判のいい自信作。イラン滞在経験を生かしてイラン料理を作ることもある。当日のフードはInstagramでチェックしよう。料理はテークアウト可。

特製キーマカレー。イラン料理を添えることもある。写真奥は、イランでポピュラーなハー ブ「タラゴン」などに漬けて焼いたチキン

・特製キーマカレー…800円
・ウイスキー…600円から
※チャージ料500円
---
仙台市青葉区一番町2-3-28
TEL080-1800-7944
営/18:00~24:00(金・土曜はお客さんが帰るまで)
休/日曜(翌月曜が祝日の場合は営業、月曜休み)
喫煙/可

(河北ウイークリーせんだい 2022年3月24日号掲載)

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る