山形・戸沢村副議長が日当不払い 国交付金、自身の口座に

代表を務める団体の会員の日当不払いを認め、会見で厳しい表情を見せる荒川氏(左)。右は加藤文明議長

 山形県戸沢村議会の荒川健一副議長(68)が、代表を務める地域団体に支払われた国の交付金の一部を自身の口座に移し、団体の会員に一時支給していなかったことが14日、分かった。荒川氏が同日、同村役場で記者会見して事実を認めて陳謝し、副議長を辞任した。

 荒川氏は、中山間地の農地管理を地域住民で行う団体「名高・上ノ山地区集落協定」の代表。同氏によると、2020年度から2年間、国から振り込まれた中山間地域等直接支払交付金の計約235万円のうち、会員22人に草刈りなどの日当計84万円を支払わなかったという。

 昨年12月に会員が村に相談して発覚。その後、荒川氏は日当を会員に支払った。

 荒川氏は「新しい草刈り機を買う目的で自分で決めてプールしていた。役員以外の会員に事前の了承を取っておらず、認識が甘かった」と理由を話した。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る