石巻地方43人が感染 石巻の福祉施設でクラスター

 県は20日、県内(仙台市を除く)で新たに石巻市の37人と東松島市の5人、女川町の1人を含む335人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。230人の感染経路が分かっていない。3市町以外は大崎市71人、多賀城市34人など。累計感染者は石巻市3268人、東松島市935人、女川町139人。

 石巻市の障害福祉施設で7人の陽性が判明し、クラスター(感染者集団)が発生した。マスクの着用徹底が困難な状況が見られたことや、室内の換気が不足していた。

 新規感染者の内訳は男性162人、女性173人。年代別では10歳未満103人、10代62人、30代53人など。

 20日午後1時時点で県内の療養者は5379人。内訳は入院127人、宿泊療養923人、自宅療養3360人など。確保病床(523床)の使用率は19.9%。即日受け入れ可能病床(214床)の使用率は48.6%。

<石巻市職員1人感染>

 石巻市は19日、下水道建設課の職員1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。市によると、17日夜に発熱し、19日に抗原検査で陽性が判明した。16日以降は勤務しておらず、職員に濃厚接触者はいない。

<女川小の児童も>

 女川町教委は19日、女川小の児童が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
石巻かほく メディア猫の目

「石巻かほく」は三陸河北新報社が石巻地方で発行する日刊紙です。古くから私たちの暮らしに寄り添ってきた猫のように愛らしく、高すぎず低すぎない目線を大切にします。

三陸河北新報社の会社概要や広告、休刊日などについては、こちらのサイトをご覧ください

企画特集

先頭に戻る