いらっしゃいませ>中国料理「長寿飯店」(石巻市西山町)

ゆったりした店内で中華料理を楽しめる

<家族3代に愛され37年>

 1984年11月に開店した。店主の浅野幸夫さん(65)が妻と2人で切り盛りする。

 人気メニューは細麺か太麺かを選べるあっさり味の「ラーメン」(650円)と、しょうゆ味の「モヤシアン掛けラーメン」(750円)。男性客がよく注文する。

 女性客に好評なのは、天然エビが入った塩味のアン掛けラーメン「エビそば」(900円)と、5種類のラー油が入りスパイスの利いた「担々麺」(同)。辛さが好きな人はラー油と酢をかけて食べるという。

 店主お薦めの「カニチャーハン」(800円)は、大崎市産のひとめぼれ(1等米)と、日本海で水揚げされた紅ズワイガニを使用。ネギ、卵も使って料理し、まろやかで口当たりのいいチャーハンだ。

 「フカヒレラーメン」(3600円)も店主のお薦め。アンがかかった高級食材のフカヒレ(150グラム)と紅ズワイガニが入っている。1度食べた人は他の人にもごちそうするという。

 浅野さんは「店を開いて37年。家族3世代で来てくれる。これからもお客さんに喜んでもらえるよう、おいしい中華料理を提供していきたい」と張り切る。(浜)

◇メモ:営業は午前11時半~午後2時半、午後5~8時半。月曜定休。石巻市西山町1の8、カムロビル1階。連絡先は0225(94)2675。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
石巻かほく メディア猫の目

「石巻かほく」は三陸河北新報社が石巻地方で発行する日刊紙です。古くから私たちの暮らしに寄り添ってきた猫のように愛らしく、高すぎず低すぎない目線を大切にします。

三陸河北新報社の会社概要や広告、休刊日などについては、こちらのサイトをご覧ください

企画特集

先頭に戻る