郡山で男性刺され死亡 殺人未遂容疑で同居の弟逮捕

(写真はイメージです)

 同居する兄(63)を刺し殺そうとしたとして、郡山署は23日、殺人未遂の疑いで、郡山市桑野2丁目、無職の弟(59)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は同日午前1時10分ごろ、自宅アパートで、無職の兄の首にナイフを突き刺し、殺そうとした疑い。兄は搬送先の病院で死亡が確認された。同署は容疑を殺人に切り替えて捜査している。

 同署によると、同日午前1時半ごろ、容疑者から「兄をナイフで刺した」と110番があった。「兄に不満があり、殺そうと思って刺した」という趣旨の供述をしているという。容疑者は兄と80代の母親との3人暮らし。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る