FAQ

乗り物の進化をたどる<仙台市歴史民俗資料館企画展 「人力車から地下鉄へ」-新しい時代の乗り物->

 鉄道をはじめ仙台の町とともに発展してきた自動車、バス、自転車などの資料や写真、実物を展示。現在のJR仙石線の前身、宮城電鉄の営業案内や明治時代に医師が使っていた木製車輪の人力車、1931年撮影の仙台駅前にバスが並ぶ写真などがある。入館料は一般・大学生240円、高校生180円、小・中学生120円。入館料のみで参加できる展示解説は年内が11月26日(土)、12月24日(土)の11:00と14:00から。

11月26日(土)~2023年4月16日(日)
仙台市宮城野区五輪1-3-7(榴岡公園内)
営/9:00~16:45(最終入館は16:15)
休/月曜(祝日の場合は営業)、第4木曜、臨時休あり
TEL 022-295-3956

(河北ウイークリーせんだい 2022年11月24日号掲載)

関連タグ


企画特集

先頭に戻る