FAQ

宮城県が401億円補正予算案を県議会に提出 11月定例会開会

 県議会11月定例会が24日開会し、幅広い事業者への物価高騰対策を盛り込んだ401億3700万円を増額する一般会計補正予算など26議案を提出した。

 肥料代の負担増額分を補助する国の制度を拡充し、県独自の上乗せ分として6億9300万円を予算化。畜産農家向けには2億9000万円を充て、配合飼料の購入を支…

残り 217文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る