大館能代空港に男性侵入 運航に影響なし

 23日午後5時40分ごろ、秋田県北秋田市の大館能代空港の敷地内に高齢の男性が侵入しているのを管理事務所の職員が発見し、約15分後に男性を確保した。2メートルを超えるフェンスの内側で見つかったという。管理事務所は県警に男性の身柄を引き渡した。

 同空港は羽田空港と1日3往復、計6便を運航。管理事務所によると、航空機の運航に影響はなかった。

共同通信
河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る