指示役ルフィ、フィリピン滞在か 広域強盗、SNS通じて実行役に

 東京都狛江市の現場周辺を調べる捜査員ら=25日

 各地で相次ぐ強盗事件で「ルフィ」と名乗り、SNSを通じて実行役に指示していたとみられる人物がフィリピンに滞在しているとの情報があることが25日、捜査関係者への取材で分かった。東京都狛江市の住宅で住人の大塩衣与さん(90)が遺体で見つかった強盗殺人事件は26日で発生から1週間。事件翌日には関与が疑われるグループが、都内の別の場所を襲撃するため下見をしていたとみられることも判明した。警視庁などは実行役を割り出すとともに指示系統も調べている。

 一連の強盗事件のうち、昨年10月の東京都稲城市の強盗傷害ではルフィと名乗る人物が実行役を募り、指示していたとみられる。

関連タグ

共同通信
河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集