閉じる

ネット有害情報監視強化へ 「銃器製造」など削除項目追加

 警察庁や総務省などが入る中央合同庁舎2号館

 警察庁は26日、インターネット上の違法・有害情報の通報受け付けやサイト管理者らへの削除依頼の対象として、3月から「爆発物・銃器の製造」「殺人」などを追加し、監視体制を強化する方針を明らかにした。交流サイト(SNS)の投稿を分析する人工知能(AI)の導入も検討する。

 昨年7月の安倍晋三元首相銃撃事件で、山上徹也被告(42)がネット情報を基に銃や火薬を自作したと説明したほか、殺人や強盗事件の容疑者らがSNSでやりとりする現状を重視。削除する範囲を広げ、事件の未然防止につなげる狙いだ。

関連タグ

共同通信
河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ