閉じる

中ロ首脳、戦略関係強化へ ウクライナ巡り米欧けん制

 握手を交わすロシアのプーチン大統領(左)と中国の習近平国家主席=16日、北京(タス=共同)
 ロシアのプーチン大統領、中国の習近平国家主席

 【北京共同】ロシアのプーチン大統領は16日、北京を訪問し、中国の習近平国家主席と会談した。両首脳は「新時代の全面戦略協力パートナーシップ関係」の深化に向けた共同声明に署名した。中ロの国営メディアが報じた。今年で国交樹立75年の節目を迎え、外交や安全保障、経済をはじめ各分野で協力を強化。台湾問題やウクライナ侵攻で対立する米欧をけん制する狙いだ。

全国・海外の詳しいニュースはこちら

 プーチン氏は大統領として通算5期目に入った後の初外遊で、訪中は昨年10月以来。習氏も昨年3月に国家主席として3期目入りを決めた後、初外遊でロシアを訪問した。相互訪問で連携を深めている。

 両首脳は少人数の首脳会談と、政府高官も交えた会談を開催。プーチン氏は「国際問題での両国の協力は世界を安定させる」と主張。習氏は「中国はロシアと互いに信頼できる良き隣人、友人、パートナーでいたい」と述べた。

 会談後の共同記者会見で習氏は「ウクライナ危機の政治解決が正しい方向だという意見で一致した」と明らかにし「中国は平和のために建設的役割を果たしたい」と表明した。

関連タグ

共同通信

最新写真特集