閉じる

早大入試流出、解答者に謝礼金 偽計業務妨害疑い、18歳男性

 東京都新宿区の早稲田大=15日
 警視庁
 男性が入試の際に使った眼鏡型端末「スマートグラス」=16日午前、警視庁戸塚署

 早稲田大創造理工学部の一般入試問題流出事件で、受験した東京都町田市の無職の男性(18)は、Xを通じて流出させた問題に解答してくれた人に謝礼を送っていたことが16日、警視庁戸塚署への取材で分かった。署は同日、偽計業務妨害疑いで男性を書類送検した。

全国・海外の詳しいニュースはこちら

 警視庁によると、男性は2月の入試で眼鏡型端末「スマートグラス」で問題を撮影。事前にXで複数人に「オンラインの家庭教師をしてほしい」「分からない問題があれば教えてほしい」と持ちかけ、試験中に解答を送ってくれた人に電子決済で1人当たり数千円を支払った。

 男性は送られてきた内容を参考に解答したと説明しており「カンニング以上の不正をやってしまい、反省している。大学の方や不正に巻き込んでしまった人に申し訳ない」と話している。

 書類送検容疑は都内の私立高校3年生だった2月16日、試験中に問題用紙を通信機能があるスマートグラスで撮影し、画像をズボンのポケットに隠したスマートフォンに転送。スマホを操作してXを通じて外部に流出させ、早大の入試業務を妨害した疑い。

関連タグ

共同通信

最新写真特集

ライブカメラ