閉じる

車大手3社、ソフトの連携検討 トヨタ・ホンダ・日産で共通化

 左からトヨタ自動車、ホンダ、日産自動車

 トヨタ自動車とホンダ、日産自動車の3社が、車載用のソフトウエア分野で連携を検討していることが16日、関係者への取材で分かった。メーカーごとに異なる基盤部分の仕様の一部を共通化し、部品やIT関連の企業と車の制御やサービスの開発を効率的に進める狙い。EVの普及を背景に、国際的に競争が激化する車のデジタル化に対応する。

全国・海外の詳しいニュースはこちら

 経済産業省が近く開く検討会で、車メーカー側が説明する方針。

 対象となるのは、ソフト同士やプログラムがつながる「API」と呼ばれる基盤部分。大手3社で共通化すれば、投資の無駄を省き、センサーなどの部品は共有が進む。IT関連のサービスも開発しやすくなるメリットがある。

関連タグ

共同通信

最新写真特集