楽天イーグルス選手紹介(投手)

◇プロフィルの見方 ○は新入団、△は移籍、□は復帰。名前の前は背番号。(1)ことし迎える満年齢(生年月日)(2)出身地(3)身長(センチ)体重(キロ)(4)投打(5)球歴(Dはドラフト、高は高校生、大社は大学・社会人)(6)昨季1軍成績(7)通算成績((6)(7)とも出場試合、投手は勝敗、セーブ、防御率。野手は打率、本塁打、打点、盗塁)(8)年俸(単位万円、推定)(9)寸評

  • 1 松井 裕樹 (まつい・ゆうき)

    (1)27(95・10・30)
    (2)神奈川県
    (3)174、74
    (4)左左
    (5)神奈川・桐光学園高-東北楽天(14D1位)
    (6)43試合0勝2敗24S、0.63
    (7)389試合22勝40敗165S、2.53
    (8)25000
    (9)2年ぶりに抑えで開幕した昨季は抜群の成績を残したが、8月下旬に右太ももを負傷。約2カ月間の悔しい戦線離脱を経験した。今季は守護神としてフル稼働で貢献する。

  • 11 岸 孝之(きし・たかゆき)

    (1)38(84・12・4)
    (2)仙台市
    (3)180、77
    (4)右右
    (5)宮城・名取北高-東北学院大-西武(07D希望枠)-東北楽天(17~)
    (6)25試合9勝10敗0S、3.44
    (7)326試合141勝94敗1S、3.06
    (8)25000
    (9)万全のコンディションで開幕した昨季は3年ぶりに規定投球回に到達。投手陣最年長としてチームを引っ張り、あと9勝に迫った通算150勝をつかむ。

  • 13 森原 康平(もりはら・こうへい)

    (1)31(91・12・26)
    (2)広島県
    (3)185、88
    (4)右左
    (5)広島・山陽高-近大工学部-新日鉄住金広畑-東北楽天(17D5位)
    (6)34試合0勝0敗0S、2.78
    (7)174試合8勝10敗4S、3.72
    (8)3500
    (9)昨季はリード時の継投に割って入れず。今季は30ホールドポイントが目標。

  • 14 則本 昂大(のりもと・たかひろ)

    (1)32(90・12・17)
    (2)滋賀県
    (3)178、82
    (4)右左
    (5)滋賀・八幡商高-三重中京大-東北楽天(13D2位)
    (6)23試合11勝5敗0S、3.17
    (7)218試合96勝75敗0S、3.13
    (8)30000
    (9)昨季は直球が自己最速の158キロを計測する力強い投球でチームトップの11勝。3年ぶりに2桁勝利と規定投球回に到達した。今季はキャリア最多に並ぶ15勝を狙う。

  • 16 涌井 秀章(わくい・ひであき)

    (1)36(86・6・21)
    (2)千葉県
    (3)185、85
    (4)右右
    (5)神奈川・横浜高-西武(05D1巡目)-ロッテ-東北楽天(20~)
    (6)21試合6勝8敗0S、5.04
    (7)458試合150勝140敗37S、3.57
    (8)11000
    (9)昨季は開幕投手を務めて順調に滑り出したものの、夏場以降は不振にあえいだ。直球の力強さを取り戻し、先発陣の一角として信頼を回復させたい。

  • 17 塩見 貴洋 (しおみ・たかひろ)

    (1)34(88・9・6)
    (2)大阪府
    (3)182、77
    (4)左左
    (5)愛媛・帝京五高-八戸大-東北楽天(11D1位)
    (6)1試合0勝0敗0S、3.60
    (7)149試合46勝56敗0S、3.78
    (8)3500
    (9)昨季は肩や肘の状態不良で1登板にとどまった。先発登板を重ね、もう一花咲かせたい。

  • 18 田中 将大(たなか・まさひろ)

    (1)34(88・11・1)
    (2)兵庫県
    (3)188、97
    (4)右右
    (5)北海道・駒大苫小牧高-東北楽天(07高D1巡目)-ヤンキース-東北楽天(21~)
    (6)23試合4勝9敗0S、3.01
    (7)198試合103勝44敗3S、2.37
    (8)90000
    (9)米大リーグから復帰した昨季はチームの先発陣でトップの防御率ながら、打線の援護が乏しかった。大黒柱として今季こそ日本一へ導く。

  • 20 安楽 智大(あんらく・ともひろ)

    (1)26(96・11・4)
    (2)愛媛県
    (3)186、87
    (4)右左
    (5)愛媛・済美高-東北楽天(15D1位)
    (6)58試合3勝3敗2S、2.08
    (7)122試合9勝17敗2S、3.55
    (8)4000
    (9)昨季はチームで2番目に多い58登板と大車輪の働き。今季は防御率1点台でセットアッパーの地位を固める。

  • 21 早川 隆久(はやかわ・たかひさ)

    (1)24(98・7・6)
    (2)千葉県
    (3)180、76
    (4)左左
    (5)千葉・木更津総合高-早大-東北楽天(21D1位)
    (6)24試合9勝7敗、3.86
    (7)24試合9勝7敗、3.86
    (8)3600
    (9)新人だった昨季は球団左腕で歴代最多タイの9勝。今季は試合中盤の失点を減らし、2桁勝利を手にしたい。

  • 23 弓削 隼人(ゆげ・はやと)

    (1)28(94・4・6)
    (2)栃木県
    (3)193、105
    (4)左左
    (5)栃木・佐野日大高-日大-SUBARU-東北楽天(19D4位)
    (6)5試合1勝1敗0S、7.24
    (7)23試合7勝6敗0S、4.78
    (8)1150
    (9)カットボールが得意の大型左腕。体の負担が少ない投球フォームを固めて飛躍を期す。

  • 28 酒居 知史(さかい・ともひと)

    (1)29(93・1・2)
    (2)大阪府
    (3)178、80
    (4)右右
    (5)京都・龍谷大平安高-大体大-大阪ガス-ロッテ(17D2位)-東北楽天(20~)
    (6)54試合4勝3敗3S、2.28
    (7)188試合19勝16敗3S、3.96
    (8)7000
    (9)昨季は勝ちパターンの継投で活躍。今季も50登板以上を目指す。

  • 29 高田 孝一(たかだ・こういち)

    (1)24(98・6・3)
    (2)神奈川県
    (3)183、91
    (4)右右
    (5)神奈川・平塚学園高-法大-東北楽天(21D2位)
    (6)3試合0勝0敗0S、1.35
    (7)3試合0勝0敗0S、1.35
    (8)1050
    (9)速球が持ち味の2年目右腕。決め球のフォークボールの精度を高めて先発枠入りをうかがう。

  • 30 小峯 新陸(こみね・しんり)

    (1)21(01・12・1)
    (2)鹿児島県
    (3)189、90
    (4)右左
    (5)鹿児島城西高-東北楽天(20育成D2位)
    (6)-
    (7)-
    (8)230

  • 31 福井 優也(ふくい・ゆうや)

    (1)34(88・2・8)
    (2)岡山県
    (3)178、85
    (4)右右
    (5)愛媛・済美高-早大-広島(11D1位)-東北楽天(19~)
    (6)19試合0勝0敗0S、4.43
    (7)143試合32勝41敗0S、4.58
    (8)2000
    (9)昨季はプロ11年目で初めて本格的に中継ぎへ転向した。安定感を高め登板数を増やしたい。

  • 32 ブセニッツ(アラン・ブセニッツ)

    (1)32(90・8・22)
    (2)米国
    (3)185、81
    (4)右右
    (5)ケネソー州立大-エンゼルス-ツインズ-東北楽天(19~)
    (6)31試合1勝0敗0S、4.97
    (7)131試合6勝7敗18S、2.98
    (8)17250
    (9)昨季前半は調子が上がらなかった。後半の安定感を続け、セットアッパー復帰を目指す。

  • 40 内間 拓馬(うちま・たくま)

    (1)24(98・11・21)
    (2)沖縄県
    (3)179、86
    (4)右右
    (5)沖縄・宜野座高-亜大-東北楽天(21D4位)
    (6)11試合0勝0敗0S、5.91
    (7)11試合0勝0敗0S、5.91
    (8)870
    (9)昨季はデビュー戦で155キロを計測するなど豪腕ぶりをアピール。今季はシーズンを通して1軍で戦いたい。

  • 41 釜田 佳直(かまた・よしなお)

    (1)29(93・10・26)
    (2)石川県
    (3)177、77
    (4)右右
    (5)石川・金沢高-東北楽天(12D2位)
    (6)1試合0勝0敗0S、11.25
    (7)86試合21勝16敗0S、4.84
    (8)1000
    (9)昨季は2軍で好投しても登板機会に恵まれなかった。磨いた投球術を武器に、1軍のマウンドに上がり続ける。

  • 43 宋 家豪(ソン・チャーホウ)

    (1)30(92・9・6)
    (2)台湾
    (3)185、92
    (4)右左
    (5)台湾国立体育大-東北楽天(16~)
    (6)63試合3勝3敗7S、2.23
    (7)194試合12勝10敗7S、3.05
    (8)11000
    (9)昨季はチーム最多登板でブルペンを支えた。プロ初セーブを挙げた経験も武器に、迫力ある投球で打者をねじ伏せる。

  • 45 ○松井 友飛(まつい・ともたか)

    (1)23(99・10・11)
    (2)石川県
    (3)190、87
    (4)右右
    (5)石川・穴水高-金沢学院大-東北楽天(22D5位)
    (6)-
    (7)-
    (8)700
    (9)粗削りとはいえ、長身から投げ下ろす最速154キロの直球には威力がある。決め球のチェンジアップも鋭い。ルーキーイヤーは1軍初勝利を目標に精進する。

  • 46 藤平 尚真(ふじひら・しょうま)

    (1)24(98・9・21)
    (2)千葉県
    (3)185、85
    (4)右右
    (5)神奈川・横浜高-東北楽天(17D1位)
    (6)-
    (7)26試合7勝12敗0S、4.25
    (8)1000
    (9)昨季は初めて1軍登板がなかった。鳴り物入りで入団した右腕も6年目。背番号も変わった。そろそろ殻を破るきっかけをつかみたい。

  • 47 藤井 聖(ふじい・まさる)

    (1)26(96・10・3)
    (2)神奈川県
    (3)176、80
    (4)左左
    (5)静岡・富士市立高-東洋大-ENEOS-東北楽天(21D3位)
    (6)-
    (7)-
    (8)1000
    (9)昨季は終盤に1軍へ昇格したものの、登板機会は巡ってこなかった。課題の制球力を磨き、今季は1軍のマウンドで輝きを放つ。

  • 49 ○西垣 雅矢(にしがき・まさや)

    (1)23(99・6・21)
    (2)兵庫県
    (3)184、88
    (4)右左
    (5)兵庫・報徳学園高-早大-東北楽天(22D6位)
    (6)-
    (7)-
    (8)700
    (9)大学時代は1学年先輩の早川の背中を追い、4年秋には東京六大学リーグのベストナインに。最速150キロの直球と鋭いフォークボールで投球を組み立てる。

  • 52 津留崎 大成(つるさき・たいせい)

    (1)25(97・10・10)
    (2)千葉県
    (3)177、86
    (4)右右
    (5)神奈川・慶応高-慶大-東北楽天(20D3位)
    (6)11試合0勝0敗0S、5.06
    (7)44試合1勝1敗0S、4.40
    (8)1050
    (9)昨季は負傷もあって登板数を伸ばせなかった。力強い直球を生かし、救援右腕として地位を高めたい。

  • 53 高田 萌生(たかた・ほうせい)

    (1)24(98・7・4)
    (2)岡山県
    (3)178、83
    (4)右右
    (5)岡山・創志学園高-巨人(17D5位)-東北楽天(20~)
    (6)4試合0勝1敗0S、9.39
    (7)7試合0勝2敗0S、10.43
    (8)700
    (9)快速球が自慢の将来性豊かな右腕。今季は先発にこだわらず、20登板以上を目標に貢献を誓う。

  • 56 鈴木 翔天(すずき・そら)

    (1)26(96・8・19)
    (2)神奈川県
    (3)185、82
    (4)左左
    (5)神奈川・向上高-富士大-東北楽天(19D8位)
    (6)5試合0勝0敗0S、0.00
    (7)7試合0勝0敗0S、3.18
    (8)650
    (9)腕の振りが力強く、直球に勢いがある左腕。新たにシンカーとカーブを習得した。先発転向し、出番を狙う。

  • 57 滝中 瞭太(たきなか・りょうた)

    (1)28(94・12・20)
    (2)滋賀県
    (3)180、93
    (4)右右
    (5)滋賀・高島高-龍谷大-ホンダ鈴鹿-東北楽天(20D6位)
    (6)20試合10勝5敗0S、3.21
    (7)28試合12勝6敗0S、3.27
    (8)3000
    (9)2年目の昨季は10勝と飛躍。今季も辛抱強く試合をつくり、確固たる地位を築きたい。

  • 58 辛島 航(からしま・わたる)

    (1)32(90・10・18)
    (2)福岡県
    (3)173、72
    (4)左左
    (5)福岡・飯塚高-東北楽天(09D6位)
    (6)-
    (7)181試合49勝63敗2S、3.99
    (8)4000
    (9)昨季は4月に左肘のクリーニング手術を受け、10年ぶりに1軍登板がなかった。貴重な技巧派の先発左腕として存在感を取り戻したい。

  • 59 ○泰 勝利(たい・かつとし)

    (1)19(03・11・11)
    (2)鹿児島県
    (3)172、82
    (4)左右
    (5)鹿児島・神村学園高-東北楽天(22D4位)
    (6)-
    (7)-
    (8)550
    (9)小柄な体を目いっぱい使い、直球やスライダーをダイナミックに投げ込む新人左腕。課題の制球とスタミナを向上させ、古里の鹿児島・奄美大島に初勝利を届ける。

  • 60 石橋 良太(いしばし・りょうた)

    (1)31(91・6・6)
    (2)大阪府
    (3)175、77
    (4)右左
    (5)高知・明徳義塾高-拓大-ホンダ-東北楽天(16D5位)
    (6)3試合0勝1敗0S、3.46
    (7)50試合9勝14敗0S、4.74
    (8)1600
    (9)昨季は先発登板のチャンスを生かし切れなかった。強気の投球で先発枠に食い込みたい。

  • 62 西口 直人(にしぐち・なおと)

    (1)26(96・11・14)
    (2)大阪府
    (3)183、83
    (4)右右
    (5)大阪・山本高-甲賀健康医療専門学校-東北楽天(17D10位)
    (6)33試合5勝2敗0S、3.28
    (7)34試合5勝2敗0S、3.17
    (8)1800
    (9)快速球を武器にロングリリーフで頭角を現した。勝利の方程式の一員として貢献を誓う。

  • 64 福山 博之(ふくやま・ひろゆき)

    (1)33(89・3・27)
    (2)島根県
    (3)172、70
    (4)右右
    (5)島根・大東高-大商大-横浜・DeNA(11D6位)-東北楽天(13~)
    (6)24試合0勝2敗0S、2.38
    (7)373試合17勝15敗9S、2.95
    (8)2000
    (9)昨季通算100ホールドを達成したタフネス右腕。もう一花咲かせたい。

  • 68 寺岡 寛治(てらおか・かんじ)

    (1)30(92・12・3)
    (2)福岡県
    (3)180、89
    (4)右右
    (5)福岡・東海大五高-九州共立大-九州三菱自動車-BCリーグ石川-東北楽天(18D7位)
    (6)-
    (7)25試合2勝1敗0S、3.91
    (8)740
    (9)昨季は1軍登板なしと悔しいシーズンを送った。中継ぎで存在感を示したい。

  • 69 内 星龍(うち・せいりゅう)

    (1)20(02・4・24)
    (2)大阪府
    (3)190、88
    (4)右左
    (5)大阪・履正社高-東北楽天(21D6位)
    (6)-
    (7)-
    (8)500
    (9)潜在能力の高さを誇る大型右腕。ルーキーイヤーの昨季は2軍でもリリーフで2試合登板にとどまったが、勝負はこれから。2軍で登板を重ね、実力を養う。

  • 71 ○吉川 雄大(よしかわ・かずき)

    (1)26(96・12・12)
    (2)広島県
    (3)167、80
    (4)右右
    (5)広島・広陵高-東海大-JFE西日本-東北楽天(22D7位)
    (6)-
    (7)-
    (8)700
    (9)強気の投球で勝負する小柄な右腕。中継ぎで安定した投球を見せ、プロ入りを果たした。シュートを新たに習得。早期の1軍デビューを目指す。

  • 79 渡辺 佑樹(わたなべ・ゆうき)

    (1)27(95・11・8)
    (2)山梨県
    (3)183、85
    (4)左左
    (5)山梨・富士学苑高-横浜商大-東北楽天(18D4位)
    (6)9試合0勝0敗0S、5.40
    (7)10試合0勝0敗0S、4.50
    (8)580
    (9)昨季の開幕前、支配下登録に復帰した。チームに少ない変則左腕として出番をうかがう。

  • 001 佐藤 智輝(さとう・ともき)(育成)

    (1)22(00・6・5)
    (2)寒河江市
    (3)183、80
    (4)左左
    (5)山形中央高-東北楽天(19D5位)
    (6)-
    (7)-
    (8)500

  • 004 引地 秀一郎(ひきじ・しゅういちろう)(育成)

    (1)22(00・6・3)
    (2)岡山県
    (3)188、84
    (4)右右
    (5)岡山・倉敷商高-東北楽天(19D3位)
    (6)-
    (7)-
    (8)500

  • 007 福森 耀真(ふくもり・ようま)(育成)

    (1)25(97・9・27)
    (2)千葉県
    (3)178、87
    (4)右右
    (5)福岡・北九州高-九産大-東北楽天(20D5位)
    (6)-
    (7)-
    (8)500

  • 016 森 雄大(もり・ゆうだい)(育成)

    (1)28(94・8・19)
    (2)福岡県
    (3)184、74
    (4)左左
    (5)東福岡高-東北楽天(13D1位)
    (6)-
    (7)28試合3勝6敗0S、4.58
    (8)400

  • 017 王 彦程(ワン・イェンチェン)(育成)

    (1)21(01・2・14)
    (2)台湾
    (3)180、82
    (4)左左
    (5)台湾・穀保家商高-東北楽天(19~)
    (6)-
    (7)-
    (8)230

  • 130 ○宮森 智志(みやもり・さとし)(育成)

    (1)24(98・5・28)
    (2)広島県
    (3)193、93
    (4)右右
    (5)広島・呉商高-流通経済大-四国アイランドリーグplus高知-東北楽天(22育成D1位)
    (6)-
    (7)-
    (8)250

  • 135 清宮 虎多朗(せいみや・こたろう)(育成)

    (1)22(00・5・26)
    (2)千葉県
    (3)190、84
    (4)右左
    (5)千葉・八千代松陰高-東北楽天(19育成D1位)
    (6)-
    (7)-
    (8)250

  • 152 石田 駿(いしだ・しゅん)(育成)

    (1)25(97・5・27)
    (2)神奈川県
    (3)180、74
    (4)右右
    (5)静岡・静清高-九産大-BCリーグ栃木-東北楽天(21育成D1位)
    (6)-
    (7)-
    (8)240

先頭に戻る