閉じる

健康講座/緑内障の最新情報/患者急増 失明原因1位に

◎早期の発見・治療心掛けて/東北大大学院医学系研究科教授(眼科学分野)・中沢徹さん

 緑内障は視神経に異変が生じて視野が狭くなっていく病気で、日本人の失明原因の第1位になっています。患者数は1980年代から急増しており、40歳以上の約5%、70歳以上の約11%が緑内障にかかっているという研究報告もあり…

残り 1434文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

医療最前線

「健康講座」では、宮城県内各医師会の講演会や河北新報社「元気!健康!地域セミナー」での講座内容を採録し、最新の医療事情と病気予防対策を分かりやすく伝えていきます。リレーエッセー「医進伝心」もあります。

ライブカメラ