原発事故で変わり果てた福島 帰郷へ一歩ずつ

相馬野馬追最終日、騎馬で追い込んだ裸馬を素手で捕まえて奉納する神事「野馬懸」で裸馬に群がる白装束の男衆。原発事故に伴う避難指示が解除され、会場には昨年を200人上回る約1800人が訪れ、伝統の行事を見守った=2016年7月25日、福島県南相馬市小高区の相馬小高神社
158/278
河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る