原発事故で変わり果てた福島 帰郷へ一歩ずつ

福島第1原発事故から3度目の春。福島県沿岸部も桜の花が見頃を迎えた。浪江町の請戸地区は日中の立ち入りしか許されていない。高台にある幾世橋小のグラウンドから望むと、巨木のはるか向こうに福島第1原発の明かりが夕闇に浮かんだ=2013年4月10日、福島県浪江町
78/278
河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る