被災地に寄り添う【スポーツ選手編】

<星野仙一>東日本大震災の発生後約1カ月ぶりに本拠地の仙台市に戻り避難所を訪れ、被災者に声を掛ける東北楽天の星野監督。「今の状況を耐えれば、必ず強い人間になる。子どもたち、負けるなよ」と激励した=2011年4月7日、仙台市若林区の六郷中
1/192

関連写真特集タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る